Chaffhayeの保管方法

2018年11月16日

Chaffhayeの保管方法

2018年11月16日

開封後の保管方法

一度開くと、Chaffhayeは新鮮な製品のように機能します。袋を開くと、飼料は酸素にさらされ、新鮮さが失われ始めます。目安として、Chaffhayeは天候に応じて7〜10日間新鮮なままです。このため、開いたバッグは涼しく乾燥した環境で保管し、新鮮さを延ばすために再度閉じてください。次の3つの手順に従って、Chaffhayeを可能な限り新鮮に保ちます。

ステップ1

袋を開ける

ナイフまたはボックスオープナーを使用して、バッグの上部の縫い目に沿って切ります。

ステップ2

余りを除去した後、開封口を下に転がして、すべての空気を押し出します。製品を別の容器に移さないでください-これにより酸素が再導入され、保存期間が短くなります。

ステップ3

開封口を下にテープで留めるか、重いものを置くか、Chaffhayeクリップを使用して開封口を下に向けてください。涼しい場所に設置してください。1週間以上保管する場合は、製品を取り出して個々の冷凍バッグに入れ、凍結して新鮮な状態を保つことができます。

最良の方法

Chaffhayeバッグは、飼料の保存期間を延ばすために特別に設計されています。そのため、Chaffhayeは常に元のバッグに保管することをお勧めします。最良の結果を得るには、製品を加熱する可能性があるため、容器の中に入れないでください。

Chaffhaye – 非遺伝子組換アルファルファ

CHAFFHAYE

Chaffhayeは、アルファルファの重要な特徴を捕らえながら50ポンド(22.68㎏)の袋で販売されているプレミアム袋入りのNon-GMOのアルファルファの発酵飼料です。

連絡先

 chaffhaye@okazaki-kousan.co.jp

 093-434-3191

FAX 093-434-2594