アルファルファについて

2019年1月15日

アルファルファについて

2019年1月15日

「ルツェルン」とも呼ばれるアルファルファは、豆科に関連する多年生のマメ科植物です。アルファルファの最も早い記録された使用は、約3000年前のペルシャ人による長い軍事作戦で馬を支えるためのものです。今日でも、アルファルファは馬と家畜のすべての一般的な干し草作物の中で最も高い飼料価値を提供していると認識されています。したがって、それは「牧草の女王」と呼ばれます。アルファルファ植物は草とはまったく異なります。それは小さなクローバーのような葉を持ち、高さ数フィートまで茂みのように成長します。

アルファルファ植物は草とはまったく異なります。それは小さなクローバーのような葉を持ち、高さ数フィートまで茂みのように成長します。アルファルファは、その根にある特殊な微生物の助けを借りて、空気から窒素をつかみ、タンパク質に変換する独自の能力により、高品質のタンパク質の豊富な供給源になります。根が20フィートの深さに成長できるため、アルファルファの植物は微量のミネラルや元素を吸収するのに非常に優れています。これらのミネラルは植物の葉に保存され、動物による消化を容易にします。

Chaffhaye – 非遺伝子組換アルファルファ

CHAFFHAYE

Chaffhayeは、アルファルファの重要な特徴を捕らえながら50ポンド(22.68㎏)の袋で販売されているプレミアム袋入りのNon-GMOのアルファルファの発酵飼料です。

連絡先

 chaffhaye@okazaki-kousan.co.jp

 093-434-3191

FAX 093-434-2594