牛用Chaffhaye

あなたが貴重な牛の群れの所有者であるならおそらく、一貫した品質の飼料を見つけるという困難な問題に直面しているでしょう。

agsdi-google-sheets

非GMO検証済み

私たちの農場からあなたへ

非GMOプロジェクト認証ファミリー農場ですべてのアルファルファを誇らしく育てています。

agsdi-ribbon

Chaffhayeの優位性

Chaffhayeが最高の理由

より高い消化率、優れた品質、保証された栄養分析。  栄養分析

agsdi-piggy-bank

Chaffhayeはあなたを救う

時間とお金

簡単な保管、獣医費の削減、廃棄物ゼロは、メリットのほんの一部です。

牛用Chaffhaye

家畜の消化器系を適切に機能させ続けることは必ずしも容易ではありませんが、合理的なコストで動物の毎日の栄養要求の大部分を満たします。Chaffhayeは、あなたの牛のために、梱包された干し草と加工飼料の優れた代替品として解決策を提供します。

牛にとっての利点

群Chaffhayeには、飼料自体の栄養を超えた健康と生理学的利点を発揮するユニークな生物学的側面があります。Chaffhayeは、パッケージ内ですべて自然な発酵プロセスを経て、酵母、酵素、有益な微生物群を活性化させます。Chaffhayeの有益な微生物群、または繊維消化細菌は、反芻動物の第一胃の初期の繊維消化プロセスで見つかったものとよく似ています。本質的に、Chaffhayeは袋の中の飼料を「事前消化」します。一度消費されると、より多くの栄養素が体内で吸収され、より大きな栄養的利益につながります。

動物が飼料を栄養的に利用する方法は、その飼料に含まれるものと同じくらい重要です。飼料はすべての栄養を摂取できますが、動物がその栄養を吸収できない場合、堆肥として失われます。飼料を吸収する動物の能力は、飼料に対する「生物学的反応」として知られています

代謝特性

代謝特性

現物ベース 乾燥ベース 利点 非繊維性炭水化物(NFC) 最低3.2%から5.4% 7.1%から12.0% 澱粉、発酵酸、ペクチンで構成されています。これは飼料のエネルギーの測定値です 澱粉 最小/最大0.85%から1.9%...

続きを読む
給餌ガイドライン

給餌ガイドライン

馬 1日につき動物の体重45kgあたり1.5〜2ポンド(0.68kg~0.9kg)のChaffhaye。 反芻動物 1日につき動物の体重45kgあたり2.0~2.5ポンド(0.9kg~1.13kg)のChaffhaye。 鹿と外来種...

続きを読む
栄養分析保証

栄養分析保証

現物ベース 乾燥ベース 利点 粗繊維 最大11% 23% 適切な腸の運動性と消化に必要です。 粗タンパク質 最小9% 20% 動物の成長、持久力、繁殖、パフォーマンスを改善します(授乳、フリース、角、蹄など) リジン 最小0.4%...

続きを読む

CHAFFHAYE

Chaffhayeは、アルファルファの重要な特徴を捕らえながら50ポンド(22.68㎏)の袋で販売されているプレミアム袋入りのNon-GMOのアルファルファの発酵飼料です。

連絡先

 chaffhaye@okazaki-kousan.co.jp

 093-434-3191

FAX 093-434-2594